サプリ等、栄養補助食品を活用しませんか?

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。

それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まると知られています。

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。

妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ますことが出来ます。

妊娠が発覚した後、葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も、葉酸の摂取によって母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。

適度に体を動かすことは、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。

これは、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

不妊が続く状態を打破するために、食事を見直すことも有効だと考えられます。

両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が良くないのを放置していると、充分な活動量を持つ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠しやすさのためには夫妻そろって栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。

妊活をしている方ならば、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。

妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。

妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。

出来るだけ早く葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。

親友の話なのですが、彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。

彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心感があると思います。

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当によかったと、私も嬉しく思っています。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減るケースが多いです。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

友達と話していたら、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが一番良いらしいって教えてくれました。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、友達にアドバイスしました。

友達には、いつも笑っていてほしいから、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思う今日このごろです。

詳しく調べたい方はこちら⇒幼児がDHAはサプリを摂ると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です