妊活には葉酸サプリメントが欠かせない理由

妊活中の体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。

葉酸の働きは、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。

それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

赤ちゃんを望む夫婦どちらにも大切なサプリであると言えますね。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。

すると、自律神経のバランスが良くなりますから、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

自宅でも行えますし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。

ですから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ実践してみてください。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。

結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦ったり悲しかったりでした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。

ストレスも原因だったのかなと思います。

早めに受診するべきでしたね。

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が勧告しています。

実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によっては特定保健用食品として、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いそうなんです。

みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

葉酸の含有量が多い食材は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが困難な方も多いと思います。

普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリメントであれば簡単に済ませられますね。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

母子ともに健康な体でいるためにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。

足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。

こちらの会社が販売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分がまとめられています。

複数のサプリを飲む必要が無いので、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。

ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。

では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。

お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。

妊娠する可能性がある方は、葉酸をしっかりと摂取することが良いでしょう例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単だと思いますから、良い方法ではないでしょうか。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。

しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。

結果的に、摂取量が不十分かもしれませんので、気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です