格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者

安価にデータ通信ができる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

今現在、格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>マイネオにMNPでスマホが使えるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です