LTEを使い切った後は通信速度が制限されます

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。

通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

docomo等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月々1000円なんていう料金になることが。

とりあえず、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

あわせて読むとおすすめ>>>>>格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です