サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できます

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿や汗と一緒に体外に出ていくので、人体に留まって蓄積するという事はありません。

とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

いまの不妊状態から脱出するのに、食事を見直すことも重要なことだと思います。

両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。

規則的で栄養バランスに配慮した食事を大事にしていくといいでしょう。

葉酸を多く含む食べ物ですが、果物に限った話では、イチゴ、ライチに多いことが知られていますね。

それ以外では、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲むのもおススメです。

葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素であるとご存知ですか?ですが、体調が悪い時には、食べ物から摂るのも難しい、なんてこともあると思います。

そうした場合、無理な食事は厳禁です。

葉酸の摂取は葉酸サプリメントに切り替えることで適切な量の葉酸を摂取できるという訳ですね。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。

では、もし葉酸が不足したら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になるという研究結果が報告されました。

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも夫に問題があったという話も良く耳にします。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしたという訳です。

その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

そのため過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。

そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。

サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には葉酸サプリをおススメします。

友人は妊活していた頃の話だったと思いますが、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

漢方だったら安心できますね。

彼女は漢方を続けていたようです。

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠できたので、良かったと思っています。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省によって勧告されています。

葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんに悪影響が無いように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。

PRサイト:子供はアルギニン効果は受けるのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です