帯域が太ければユーザーやアクセスが増加

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「太い回線帯域」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満という費用になることも。

とりあえず、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものは残念ながら使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。

今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

おすすめ⇒安定おすすめの格安SIM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です