低価格でデータ通信できる格安SIM

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

格安SIMを使うことができた場合、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満ということも。

とりあえず、見直しを考えてみても良いと思います。

今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「データ回線帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、こうした大手通信会社が手がけるSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

大手キャリアのスマートフォンやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、安ければ良いということではなく回線や設備の品質も含めて選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

参考にしたサイト⇒格安SIM 家族 割引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です