食事がもらえる回数が多いほど、犬に対しては嬉しい時間

ペット用の自動給餌器には、「フードストッカー」と「トレイタイプ」の2つがあります。

どちらでも良いのですが、メリット、デメリットがあるので、普段の生活や通常与えているエサの種類によって選択します。

犬のご飯の頻度は朝と夕方の1日1~2回が原則ですが、もし可能であるなら1日の量を3回に限定されることなく分けてあげてください。

ちょびっとずつ食べることで消化吸収力がアップするのです。

動物は食事の量というよりも回数で満足感を感じると言われています。

食事がもらえる回数が多いほど、犬に対しては嬉しい時間が、増大して心もおなかも喜びます。

ドッグフードは、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬の健康に良くないドッグフードと言うのは、基準値以上の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人に害のある廃棄用の食材が含まれています。

人が食べると害があるものは、人間より内臓の機能が劣るペットたちにとって良いわけがありません。

また、新鮮な材料を使っているドッグフードは、犬などのペットの食いつきも良いので、添加物など、害がある物質での加工の必要が無くなるのです。

そうだとしても、飼い主が試食するわけにもいきませんよね。

ペットの食事に使われている肉、野菜などが新鮮かどうか、人間が食べても平気なものかは、製造元のWebに記載されているので、確認しておいた方が良いです。

原料にうしろめいたいことないペットフードであれば、普通はホームページに記載されています。

ペット用のエサはペットショップやスーパーなどで購入できる割りと一般的なペットフードには、袋入りの乾燥したドライタイプと、缶や真空パック入りの柔らかいウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプとは水分がだいたい6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットタイプとなるとだいたい60%から90%程度の水分が含まれているようです。

ちなみに水分量が25%から35%程度の半生タイプというものもあります。

ドライタイプだと開封しても長期保存ができ、手軽さと価格の安さから人気があります。

ウェットタイプは開封しちゃうと長持ちしないので、ちょっとコスト的にはかかるかもしれません。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定で自動的にペットにごはんをあげること。

詳細な作りは製造元によって千差万別で、1日に設定できる時間の数が決められているものから、何回でも自由に設定ができるものもあります。

時間になると蓋が開いたり、自動的にペットフードが出てきたりして、犬や猫にえさを与えてくれます。

最近は給餌だけでなく、新たな機能が追加されたオートフィーダーが次々に発売されていて、以前にも増して便利になってきています。

「食事」で最も大切なのは、栄養のバランスが良いことです。

ペットのご飯といってもペットショップやホームセンターに行けばいろんなタイプがあり、選択するのも一苦労だと思います。

ペットと言えど必要とする栄養素は、ビタミン、ミネラル、タンパク質などと人と同じですが、人と犬、猫とでは最適な栄養バランスは違ったりします。

ナチュラルドッグフードは人間が食べられる高品質のイギリス産ラム(子羊)肉を使用したドッグフードです。

超小粒なので小型犬にぴったりサイズです。

たくさんの愛犬に食べ続けられているロングセラー商品。

購入はこちら⇒犬 餌 留守番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です